工事の流れ

工事の流れ

  

「足場組み立て工事」

外壁塗装やシーリング防水工事など、外壁工事で絶対に必要なのが足場の組み立てです。

細部まで綺麗に塗装するには足場はかかせません。
質のいい外壁塗装工事をする基本です。

 

「高圧洗浄」

外壁を塗装する前にお家全体を水洗いします。
砂や埃、カビや苔をしっかりとすみずみまで綺麗にします。

 

「養生」

塗料の飛散で塗装しない部分が汚れないように、ビニールを張って養生します。
実はこの養生作業は、非常に重要で、しっかり、きっちりやっておかないと、仕上がりが悪くなります。

 

「下地補修」

養生が終わると外壁を塗装する前に、ひび割れ、クラックや塗装の剥がれているところなどを、コーキングなどで処理します。

 

「外壁 下塗り塗装」

いよいよ外壁の塗装に入ってきます。
まずは、下塗りです。
この下塗りがとても重要で、上塗りの塗料と密着させる役割をしています。
下塗りを塗るのと塗らないのでは、耐久性に天と地程のの差がでてしまいます。
当社では塗り忘れがないようにチェックしながら丁寧に塗装しています。

 

「外壁 中塗り」

上塗りと同じ塗料をまずは1度塗ります。
塗装面を平滑にします。


 

「外壁上塗り(仕上げ)」

中塗りと同じ塗料で、もう一度全体を塗装します。
2回塗ることで、塗装面を平滑にし、塗膜に厚みをつけ、塗りムラなどをなくし、耐久性を確保します。

 

「付帯塗装」

外壁の塗装が終われば、雨樋やトタン、他鉄部の塗装をします。
付帯部分の塗装もすごく大事で、家全体が綺麗になります。

 

「足場解体」

一通り外壁をチェックして問題がなければ足場を解体します。
塗装面などを傷つけないように細心の注意をしながら解体します。


 

「そして完成です。」

お客様と一緒に最終の確認を行い、問題がなければ、引き渡しになります。
そして最後に工事期間中近隣の方にご不憫をおかけしておりますので、しっかりと挨拶します。

大阪で外壁塗装ならのぞみリフォーム
タイトルとURLをコピーしました