外壁塗装の塗料はどう選ぶ?種類と特徴を解説

お役たち情報

外壁塗装の塗料には多くの種類があり、それぞれ特徴が異なります。

そして大事なマイホームの外壁を塗り替えるとき、どう選べばよいのでしょうか?

今回は、外壁塗装に使用するおもな塗料の種類と、特徴について解説したいと思います。

外壁塗装の塗料を構成しているものとは

外壁塗装の塗料を構成しているのは、おもに4つの成分です。

  • 合成樹脂
  • 顔料
  • 添加剤
  • 溶剤

これらを組み合わせて塗料ができているわけですが、なかでも塗料の特徴を決定づけているものが合成樹脂です。

合成樹脂の種類によって、塗料の耐久性能やコストが大きく変わります。

外壁塗装を塗り替えるときには、まず合成樹脂の種類を選択基準のひとつとして検討するとよいでしょう。

外壁塗装の塗料の種類と特徴とは

外壁塗装の種類はおもに合成樹脂によって分類できます。

どのような種類があるのか特徴とともにご紹介いたします。

アクリル塗料

アクリル塗料は、成分にアクリル樹脂を含む塗料です。

コストは非常に安いですが、一方で耐久性などパフォーマンスが低いことから外壁塗装に使用されることはほとんどありません。

耐久年数は5~7年です。

ウレタン塗料

ウレタン塗料は、成分にウレタン樹脂を含む塗料です。

過去には主流だった時期もありますが、耐久性が低いことや、高性能の塗料が多く開発されたこともあり需要は縮小しています。

耐久年数は8~10年です。

シリコン塗料

シリコン塗料は、成分にシリコン樹脂を含む塗料です。

コストと性能のバランスがよく、外壁塗装に最も多く採用されている塗料になります。

耐久年数は10~15年です。

フッ素塗料

フッ素塗料は、成分にフッ素樹脂を含む塗料です。

樹脂系の塗料としては最もグレードの高い高級塗料で、耐久性に優れるなど性能面でも優位にあります。

その他塗料

以上4種類の塗料の他にも、無機物を配合し耐久性を圧倒的に高めた無機塗料や、劣化を抑制する成分を配合したラジカル塗料などがあります。

とくにラジカル塗料は、コストパフォーマンスに優れるとして近年急速にシェアを拡大しており、今後は主流になる塗料ともいわれています。

まとめ

外壁塗料には多くの種類があります。

注目するべきはコストと耐久性のバランスですが、できるだけ性能の高い塗料を選ぶことでメンテナンスサイクルは延び、結果的にトータルコストも削減できるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました