外壁や屋根、塗装リフォームはなぜ必要か

お役たち情報

住宅の屋外は非常に過酷な雰囲気と言うことが出来ます。夏場の日射や風雨は容赦なく襲いかかるからです。そのためにも外壁材や屋根材の塗装は重要です。
しかし、この塗装もメンテナンスフリーという訳では無く、ある程度の期間が来たらリフォームの必要が出てきます。それでは、このリフォームにはどの様な意味があるのでしょうか。

外壁・屋根の塗装の意味

外壁材や屋根材は塗装が非常に重要です。と言うのも、塗装には美観保持の目的だけでなく、表面の保護も意味もあるからです。
例えば、外壁材も種類によっては水を吸い込んでしまう物もあります。しかし、水を含むことは避けなければなりません。水の侵入はヒビ割れや反りなどの発生原因にもなるからです。
しかし、塗装するのであれば表面に保護皮膜が形成され、水の侵入が遮断されます。その結果、ヒビ割れや反りなどが発生せず、長持ちさせることが出来るのです。

塗装リフォームをしないで放置すると

塗装リフォームをしないで放置すると、どの様な状況になるのでしょうか。
まず外壁ですが、外壁材表面の塗装が劣化するとヒビが入ったり反ったりする場合があります。そうすると壁の内部にまで雨水が侵入し、壁内部の部材を腐食させるリスクが出て来ます。
次に屋根ですが、金属屋根の場合には塗装が劣化すると、サビの発生リスクが高まります。そして屋根材がサビてしまうと、屋根の内部の部材を腐らせ、雨漏りの発生にも繋がります。
外壁材にしろ屋根にしろ、水の侵入は大きなダメージで、建物の寿命を縮める要因にもなり得まるのです。

ハイグレードの塗装のコストメリット

塗装にもいくつかの種類があり、コストと性能が異なります。当然ながらハイグレードになれば耐用年数が長くなりますが、コストも上がってしまいます。
しかし、安い塗装を使うからと言って、必ずしも安くなるとは限りません。コストの掛かるハイグレードの塗装をした方が、メリットが大きい場合もあるからです。
これは塗装の耐久性がポイントとなります。安い塗装をするとリフォームが必要となる頻度が上がり、費用がそれだけ多く必要です。しかし、ハイグレードの物であれば、耐久年数が長くなり、リフォーム工事の頻度も減ります。その結果トータルでの塗装リフォーム費用が安くなるのです。

塗装リフォームは定期的に

建物の外壁や屋根は、素人の目では異常が分かりにくい場合も多いです。ですから、定期的に専門業者に相談してチェックをする必要があります。
塗装は建物の寿命にも関係します。チェックを忘れずに行い、状況に応じた塗装リフォームをしましょう。

タイトルとURLをコピーしました