外壁塗装のタイミングは劣化のサインでチェックする!

外壁塗装

外壁塗装はいずれ劣化するため、適切なタイミングで塗り替えなどのメンテナンスを実施する必要があります。

適切なタイミングとは、外壁塗装に使用されている塗料の耐用年数が目安になりますが、劣化症状に応じて判断することも可能です。

外壁に現れる劣化症状をサインと捉え、必要なメンテナンスを施すことで、雨漏りなど不測の事態も回避できるでしょう。

今回は、外壁の劣化症状から判断する外壁塗装のタイミングについてご紹介したいと思います。

外壁塗装のおもな劣化症状とは?

外壁塗装に現れるおもな劣化症状について個別に解説いたします。

色あせ

外壁塗装は紫外線を長時間浴び続けることで徐々に色あせが見られるようになります。

急いで塗り替えをする必要はありませんが、外観は損なわれるため印象は低下する恐れがあります。

チョーキング

チョーキングとは外壁の表面に粉状のものが付着する現象で、塗料に含まれる顔料の劣化が原因で起こります。

比較的初期の劣化症状として現れることが多く、塗り替えを急ぐ必要はありませんがメンテナンスの時期が近いことは意識しておいたほうがよいでしょう。

塗膜の浮き、剥がれ

塗膜が浮いたり剥がれたりしている場合は、塗装としての機能は失われている可能性があります。

塗装の機能が失われると、外壁材に水分を浸透させてしまいもろくなります。

また外壁材だけでなく構造部まで濡らしてしまうと、腐食の原因にもなり耐久性を損ねることがあるため注意が必要です。

早急に専門業者に依頼して点検および塗り替えをする必要があるでしょう。

クラック

外壁は劣化や地震によってクラックが発生することがあります。

クラックにも種類があり、ヘアークラックといって髪の毛程度の小さいものであれば補修の必要はないとされています。

ただし、規模が大きいものは水分の侵入を許すため下地補修のうえ塗り替えが必要です。

とくに塗膜だけでなく下地面のダメージが大きい場合は、外壁材を交換しなくてはいけない場合もあります。

シーリングの剥離

サッシ回りや外壁材の目地部分にはシーリングを充填していることが一般的です。

シーリングも劣化するとひび割れや剥離などの症状が現れますが、放置すると水分を侵入させてしまうため再充填する必要があります。

また外壁塗装とシーリングで耐久性が異なると、メンテナンスにギャップが生じてしまいます。

これは屋根や付帯部分にもいえることで、できるだけ耐用年数を揃えメンテナンスサイクルにズレが生じないよう事前に検討することがポイントになります。

まとめ

外壁塗装は劣化の症状によってメンテナンスのタイミングを判断できます。

セルフチェックも効果的ですが、目視でチェックできる範囲は限られるため、10年程度を目安として専門業者に点検を依頼するとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました