シリコン塗料よりも高性能な「フッ素塗料」

お役たち情報

夢のマイホームを購入され、より快適な生活にするためにリフォームをされている方は多いのではないでしょうか?リフォームの工事の中の建物の美観を大きく左右する屋根外壁の塗り替え工事は10~15年ほどでの塗り替え目安が一般的です。今回は10年に一度の塗り替え工事ではなく、15~20年に一度の塗り替え工事が実現可能な「フッ素塗料」についてご紹介します。

フッ素塗料とは?

フッ素塗料は、高い耐候性を誇るため長持ちする、硬質な塗膜で傷つきにくい、汚れにくいなどの高機能塗料のことです。最近「フッ素」という言葉は良く耳にする機会が増えてきています。有名なものはフライパンのテフロン加工、歯みがき粉のフッ素配合、車のフッ素コーティング剤など日常生活に溢れています。塗り替え工事でも高品質なフッ素塗料を使うことで、屋根外壁を長期間キレイな状態に保つことができます。

フッ素塗料の特徴(メリット・デメリット)

メリット

高い耐候性があり、次の塗り替え工事を15~20年ほどの目安にすることができます。そのため、塗料自体の値段は高いですが、塗装工事代金と耐用年数の費用対効果を考えると10年ほどでの塗り替えよりもお得になることがあります。

また、塗り立てがキレイな状態なのは普通です。キレイな状態を保つ低汚染機能もフッ素塗料には期待できることもメリットの1つです。

その他に、夏場の暑さを軽減することができる遮熱効果、苔藻の発生を抑制する効果などの付加機能を持つフッ素塗料もあります。

デメリット

一般的に塗り替え工事で使用されるシリコン塗料と比べると、高価な塗料になり、初期費用が高めになります。硬い塗料であるため、建物の動きによっては塗膜にひび割れが発生することがあり、硬い塗料では避けられない現象です。

また、フッ素塗料は、非常に丈夫な塗膜であることから、次の塗り替え工事ではフッ素塗料にくっつく専用下塗材を使用しなければなりません。普通の下塗材では、早期の塗膜剥離に繋がる恐れがあります。

フッ素塗料の中でも最高峰な「4フッ化フッ素塗料」

各塗料メーカーのカタログを見ると、使用しているフッ素樹脂が「4フッ化」「3フッ化」などと記載されていることがあります。これは、フッ素塗料のグレードを表しています。フッ素塗料の中でも「4フッ化フッ素」は最高峰のフッ素樹脂になりますので、その部分も参考にしてもらえればと思います。

まとめ

フッ素塗料は、ここ数年でシリコン塗料と並んで一般的な塗料として認知され始めてきています。しっかりとフッ素塗料の特徴を理解した上で最適な塗料選定に活かしていただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました