遮熱断熱塗料「ガイナ」の紹介

ガイナ塗料

近年、夏の暑さが問題になり熱中症患者が増えて問題となっています。室内でも熱中症になる危険性がありますので、夏の暑さ対策を講じる必要があります。

そこで、今回は「ガイナ」という非常に高機能塗料をご紹介します。JAXAのロケット技術で培われたノウハウを応用して作られた遮熱断熱塗料です。その高い技術でさまざまなメディアでの紹介や授賞があるため、社会的にも評価を受けている塗料とも言えます。

1.ガイナとは?

ガイナとは、夏の暑さ(遮熱)、冬の寒さ(断熱)、結露、遮音、室内の臭いなどを改善できる非常に高性能な特殊塗料です。夏の暑さを軽減することができる遮熱塗料は非常に人気ですが、ガイナは更に断熱性も兼ね備えています。塗装することで、冬の寒さを和らげることができ、更に室内の快適さを演出することができます。

2.ガイナの特徴(メリット・デメリット)

メリット

太陽光からの紫外線に耐えることができる耐候性が有るため屋外の屋根外壁への塗装、水性塗料であるため室内でも安全に塗装することができます。

ガイナは艶消し塗料であることから、マットな艶がなく落ち着きのある上品な仕上がりになります。塗膜内部に特殊な中空セラミックを採用しているため、熱や音を通しにくくなるため、断熱効果や遮音効果が期待できます。

さらに室内の消臭効果は臭いの原因である浮遊物質を抑制する機能もあるので、室内の環境改善が期待できます。

デメリット

これだけ高性能塗料のガイナですが、デメリットも理解した上でご採用を検討ください。

艶消し塗料は、塗膜表面を微細な凹凸にすることによって太陽光を乱反射させています。そのため、その微細な凹凸に汚れ物質が溜まると汚れが目立ちやすいことがあげられます。特に、屋根外壁塗装をした場合の現象です。

塗装できる色味は、白っぽい色に限定されているため、日本の屋根に使われる濃い色味は選べない可能性があります。

また、これだけ高性能塗料ですので一般的に特殊塗料と呼ばれています。一般的に使われるシリコン塗料やフッ素塗料などと比べると取り扱える塗装業者が限られてしまいます。

3.まとめ

塗料は「半製品」と呼ばれています。塗料本来の品質と現場で塗装をする現場品質の両方によって、本来の性能が発揮されます。

塗料に対する正しい知識と豊富な施工実績がとても大切です。

その上でガイナの性能は非常に魅力的です。詳しくお知りになりたい方はお気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました