外壁塗装で水ぶくれができたらどうする?原因と補修方法

外壁塗装ひび割れ お役たち情報

外壁塗装に水ぶくれがあり、どうするべきか、不安に思う人もいるのではないでしょうか。

外壁塗装の水ぶくれは重大なトラブルであり、早めに対処しなければ、より事態は悪化します。
そのため、早急な対処が必要です。

今回は外壁塗装で水ぶくれができる原因と、対処方法について解説します。
外壁塗装の水ぶくれにお困りであれば、ぜひ参考にしてください。

外壁塗装の水ぶくれは重大トラブル!早急な対応が大切!

外壁にできた水ぶくれ(気泡)は、一見大した問題には見えないように思えます。
しかし、水ぶくれは非常に重大な問題です。
また大きな気泡だけではなく、細かい気泡のような穴がある場合も同じく早急な対処が必要です。

放置することで外壁の劣化を招き、最悪の場合、雨漏れの原因になります。

外壁塗装は、家の外壁を雨や太陽光から保護することが主な役割です。

しかし、外壁塗装に水ぶくれができてしまうと、そのうち水ぶくれが破れてしまい、外壁に直接雨が入り込んでしまい、外壁そのものにダメージを与えてしまいます。

外壁が劣化することで、家の内部まで雨水が入り込んでしまい、雨漏りの原因にもなりかねません。
そのような事態に発展すると、補修により大掛かりな工事がかかってしまいます。

長く放置するほど、事態は深刻化してしまうため、外壁塗装の水ぶくれを発見したら、早めに対処することをお勧めします。

外壁塗装の水ぶくれの原因とは

外壁塗装の水ぶくれの原因として、主に以下のものがあります。

・内部に水分が残っていた

・洗浄や下処理ができていなかった

・下塗りが適切にできていなかった

・塗装環境に問題があった

・経年劣化

これらの原因は、経年劣化によるものを除き、全て塗装会社のミスによって発生するものです。
これらのミスがある場合、通常の耐用年数より前に先にトラブルが発生します。

どのようなものか次で解説します。

内部に水分が残っていた

内部に水分が残る原因は、水分が残っていることです。水分が残っていると、残った水分が蒸発した際に、膨らみを発生させます。

気候がよくない場合、濡れた外壁を十分に乾かしていない場合に、このような事態が発生します。

洗浄や下処理ができていなかった

外壁塗装の水ぶくれ発生の原因は、既存の外壁の洗浄や下処理を、しっかり処理できていないことが原因と考えられます。

外壁塗装で塗料をしっかりと密着させるためには、既存の塗膜で劣化した部分を取り除く作業が必要です。

そのために機械で高圧の水を当てる高圧洗浄や、下地処理として、汚れをケレン作業して取り除く、ひび割れを補修するなどの作業が必要になります。

これらの作業が適切にできていない場合、汚れやヒビが原因で水ぶくれが発生してしまいます。

下塗りが適切にできていなかった

下塗りが適切にできていない場合、水ぶくれが発生することがあります。

外壁塗装では、通常3回塗りで行い、下塗り、中塗り、上塗りと塗布しなければ、効果を発揮できません。

しかし、下塗りで塗り漏れがあった場合、塗った後の乾燥を十分にできていないまま中塗りや上塗りをした場合、水ぶくれが発生する可能性があります。

塗装環境に問題があった

塗装環境に問題があった場合、水ぶくれが発生します。具体的には、気温が5度以下の日や湿度が85%を超える日です。
このような日には、問題が発生する可能性があります。

気温が5度以下の日は、塗料の硬化が遅くなり、中塗りや上塗りができるようになるまでに通常以上の時間がかかってしまいます。

湿度が85%以上の日は、表面に水分が付着する可能性が出てしまい、施工不良を起こしかねません。

このような場合には塗装が難しいということを知っておきましょう。

経年劣化

外壁塗装は雨風や紫外線の影響で徐々に劣化します。

通常塗装されていることが多いシリコン塗料では、10年から15年前後の耐用年数があります。
そのため、15年前後に一度の塗装を行うのが一般的です。

しかし、その年数を超えると、水分が中に入り込んでしまい、水ぶくれやさまざまな問題を起こす可能性があります。
そのため、10年以上の年月が経過している場合には、再塗装を検討しましょう。

水ぶくれへの対処法

水ぶくれは放置すると重大な問題になりますが、どのように対処するべきか、わからない人もいるでしょう。
ここではどのような対処法があるか、解説します。

以前塗装した会社に相談

前の塗装から10年経過していないにもかかわらず、水ぶくれがある場合には、以前塗装した会社に相談しましょう。

10年未満で水ぶくれが生じる場合、施工会社の施工ミスの可能性が高いためです。

良心的な塗装会社であれば、塗装後に10年程度の保障があるケースが多いため、まずは施工会社に相談しましょう。

再塗装を依頼する

前に外壁塗装を依頼してから10年以上経過している場合には、再塗装を検討しましょう。

経年劣化が進んでいる可能性が高く、水ぶくれがある場所以外に問題のある箇所が存在する可能性があります。

そのため、信頼できる外壁塗装業者に現地調査と見積もりを依頼し、状況に合わせて適切な工事を提案してもらいましょう。

外壁塗装の水ぶくれは早急な対処が大切

外壁塗装の水ぶくれは外壁塗装の役割である、外壁の保護が十分にできなくなるため、早めの対処が必要です。

しかし、前の外壁塗装から経過している年数によって、対応が変わります。
10年未満の場合は、早めに塗装会社に保障で対応できないか相談し、10年以上している場合には、見積もりや現地調査を依頼しましょう。

タイトルとURLをコピーしました