外壁塗装と屋根塗装は同時にやった方がよい?

外壁塗装工事 外壁塗装

「外壁塗装と屋根塗装を同時にやった方がよいのかわからない」

「分けて工事した方がよいか、一緒の方がよいかいまひとつピンとこない」

そうお悩みではないでしょうか。

外壁塗装と屋根塗装はどちらもそれなりに費用がかかるため、できるなら分けたいという方もいるかもしれません。

しかし、外壁塗装と屋根塗装を分けることはデメリットが大きくあまりおすすめできません。

この記事では、外壁塗装と屋根塗装を一緒にお願いした方がよい理由をお伝えします。

外壁塗装と屋根塗装を一緒にした方がよい理由

外壁塗装と屋根塗装を一緒にした方が、様々な観点からおすすめできます。

というのも、以下の理由があるからです。

・足場代がどちらの工事にも欠かせない

・放置してもいずれ塗装が必要になる

・外観の見た目がよりきれいになる

ここでは、それぞれの理由を詳しく解説します。

足場代がどちらの工事にも欠かせない

外壁塗装と屋根塗装を同時に行なった方がよい理由は、どちらの工事も足場が必要になるからです。

足場工事は外壁の見た目にはわかりにくいですが、塗装工事には欠かせない工程で、10万以上はかかってしまう工事です。

工事のタイミングをずらしてしまうと、それぞれの工事で足場代がかかってしまうため、塗装工事費用が割高になってしまいます。

放置してもいずれ塗装が必要になる

外壁塗装と屋根塗装は放置していても、いずれ塗装が必要になります。

というのも、外壁塗装と屋根塗装を放置していても、劣化が進んでしまい状況が悪化してしまうからです。

屋根の種類によっては瓦など塗装が不要なものもあるため、その場合にはこの限りではありませんが、そうではない場合には、いずれ塗装が必要になります。

塗装が必要なものなのに放置してしまうと、劣化が進み雨漏れなどに発展する可能性があります。

別々にしても放置はできないのであれば、一緒に工事するのがよいでしょう。

見た目がよりきれいになる

外壁塗装と屋根塗装を一緒に行うことで、外観の見た目がよりきれいになります。

塗装が必要なカラーベストなどの屋根の場合、外壁だけ塗装し屋根だけ塗装をしていないと、屋根の見た目が悪くなっているのが目立ちやすくなる恐れが。

外壁と屋根を一緒に塗装することで、見た目の印象はきれいになりますし、費用や耐久面で考えても、そちらの方が間違いないと言えるでしょう。

見出し:外壁塗装と屋根塗装は一緒にして、しっかりと家を守りましょう

この記事では、外壁塗装と屋根塗装を一緒にした方がよい理由について具体的に解説しました。

外壁塗装と屋根塗装は、費用や耐久面、見た目のどの観点で考えても一緒にするメリットが大きいです。

「費用を少しでも押さえたい」と言いたくなる気持ちはわかりますが、最終的には損をしてしまうため、一緒に塗装をしましょう。

費用を抑えたいのであれば、完全自社施工の業者を選ぶのがおすすめです。

大阪を中心に塗装工事をしている弊社では、完全自社施工を採用することで、大手の工事業者で発生しがちな中間マージンをなくし工事費用を節約できます。

「工事費用を安くしたいけれど、しっかりとした工事をしてほしい」

そんな方で大阪にお住まいの方は、弊社での塗装を検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました