本文へスキップ

大阪の外壁塗装 株式会社のぞみリフォーム 見積り無料!

TEL. 0120-1616-70

〒547-0043 大阪市平野区平野東4-4-12 7F

外壁塗装の必要性!HEADLINE

外壁塗装って必要?

「外壁塗装って本当に必要なの?」
「外壁塗装しないまま放置しても問題ないのでは?」
そうお考えではありませんか?

外壁塗装は一見すると、塗装することで、きれいにしているだけに見えるかもしれません。
ですが、外壁塗装は見た目だけの問題ではなく、外壁を守るという重大な役割を果たしています。

そのため、放置していると建物に重大なトラブルが発生して、その補修費が高額になってしまうことも。

とはいえ、外壁塗装は一般の方からすると馴染みがないため、いまひとつピンとこないですよね。

そこでこの記事では外壁塗装の必要性についてお伝えします。

外壁塗装はどうして必要なの?

外壁塗装が必要な理由は、以下の2つの理由があります。

・外壁塗装は建物を保護している
・外壁塗装は年月が経つと劣化してしまう それぞれの理由を次で紹介します。

外壁塗装は建物を保護している

外壁塗装は建物を紫外線、雨風から保護する役割があります。

そのため、外壁塗装がもしされていない、もしくはその機能が十分に果たされていないと外壁に雨水が浸入し、外壁の状態の劣化や雨水が建物の内部に浸入することを許してしまいます。

外壁塗装は年月が経つと劣化してしまう

外壁塗装は、年月が経過すると、徐々にその機能が劣化してしまいます。

どのくらいの耐久性があるかは、どんな塗料を塗っているかによって変わるものの、現状どんな塗料でも、再塗装が不要なものはありません。

そのため、塗料の耐久性を復活させるためにも、その塗料の耐久性によって10年前後を目処に塗料や外壁の状態を確認し、必要に応じて塗装が必要になります。

外壁塗装をしないで放置するとどうなる?

「外壁塗装はしないで放置するとどうなる?」 そう疑問になる人もいますよね。

外壁塗装が切れると建物を保護しきれなくなり、以下のようなトラブルが起こってしまいます。

・塗り替えではなく、外壁本体の張替えが必要になる。
・雨漏れが起き、建物の躯体にダメージがある
・補修に莫大な費用がかかる

塗り替えではなく、外壁本体の張替えが必要になる

外壁塗装をせずに放置していると、塗料だけではなく、外壁材自体が劣化していきます。

少々であれば、外壁材の補修を行うことで対応できるケースものありますが、劣化が進行すると、塗装では対応しきれない場合も。

そうなってしまうと外壁材そのものの張替えが必要になってしまいます。

そうなった場合、張替えにかかる費用は塗装よりもかなり高額になってしまい200万円以上かかることも珍しくありません。

そのため、そうなってしまう前に外壁塗装を行うことがコストを抑えるためにも外壁そのものの耐久性を維持するためにも重要になってきます。

雨漏れが起き、建物の躯体にダメージがある

外壁塗装の保護機能が十分に果たせなくなってくると、外壁材の中に雨水が浸入し、それが建物の内部に入って雨漏れを起こしてしまうこともあります。

建物の構造を支える躯体はどんな構造のものであっても、水は天敵とも言える存在。

そのため、雨漏れを放置していると、躯体にどんどんダメージが蓄積されてしまいます。

補修に莫大な費用がかかる

躯体のダメージを放置すると、さらに悪い場合には躯体そのものの補修が必要になることも。

躯体の補修はかなり大掛かりになり費用も外壁塗装とは比べ物にならないほど高額になります。

もし補修したとしても、そこまで劣化が進行した場合建物自体の寿命が短くなってしまいます。

極端な場合、建て替えた方がコスト的によいなんてことにもなりかねません。
そうなる前に塗装でメンテナンスをすることで建物自体も長持ちさせられますし、メンテナンスにかかる費用も最低限に抑えられます。

外壁塗装を行うことで建物を長持ちさせる!

今回は外壁塗装を行うメリットについて具体的にお伝えしました。
外壁塗装は建物をきれいにするだけではなく、建物自体を守ってくれるもの。

この記事で外壁塗装がどんな役割を果たすのか、そのイメージが掴めたかと思います。

まずは最後に塗装したのはいつか思い返し、10年前後たっているようであれば塗装を検討してみてはいかがでしょうか。