本文へスキップ

大阪の外壁塗装 株式会社のぞみリフォーム 見積り無料!

TEL. 0120-1616-70

〒547-0043 大阪市平野区平野東4-4-12 7F

外壁塗装劣化のサインとは?HEADLINE

外壁の劣化

「外壁が劣化しているのをどう見分けたらいいのかわからない」
「外壁が劣化したとき、どう対処すればいいのかわからない」

そう考える人も多いのではないでしょうか。

外壁劣化のサインは、外壁の専門知識がある人ならともかく、一般の方が判別するのは難しいと
思われるかもしれません。

ですが、外壁劣化のサインを見つけるだけならそれほど難しくありません。

ここでは外壁劣化の具体的なサインとその詳細について詳しく説明します。

外壁劣化のサインとは?

外壁は太陽の光、雨風など厳しい環境にさらされる場所のため、何もしていなくても劣化していきます。

塗料にもよりますが大体10年前後で徐々に劣化のサインが見られるようになってきます。
具体的な外壁劣化のサインには以下のようなものがあります。

・チョーキング
・ひび割れ
・シーリング劣化
・こけ
・カビ

チョーキング

チョーキングとは、外壁に触れたときに粉のようなものが付着する状態のこと。

この粉は塗料の顔料で、外壁の保護機能が失われつつあるサインです。

チョーキングの原因は、光や熱・紫外線・雨風など自然環境による影響が大きいため、
この現象を止めることはほぼ不可能です。

この時点ですぐに雨漏れなどのトラブルに発展するということはありませんが、このチョーキングが
見えたら、外壁塗装を検討してもよいタイミングです。

ひび割れ

外壁劣化サインの一つがひび割れです。

外壁のひび割れの原因は温度変化によって塗料が伸び縮みしてしまうことが原因。

湿度・温度変化の激しい場所や、塗料に伸び縮みする性質(弾性)がないとこの現象が見られやすくなります。

特にモルタル外壁は、伸縮が激しく衝撃を逃しにくいことからひび割れを起こしやすい素材です。

シーリングの劣化

シーリングとは、サイディング外壁の隙間を埋めるために使われる材料のことです。

サイディングの場合そのシーリングが伸び縮みする性質があります。 ただし、このシーリングは
紫外線によって劣化するため、年月を経るとシーリングがひび割れる、痩せて小さくなることで、
シーリングが外壁から剥がれてしまうことがあります。

このシーリングの劣化が見られると、建物の内部に雨水が浸入してしまう恐れが。

そのため、この現象を放置すると雨漏れに発展しやすくなります。
そのため、このシーリングの劣化は放置せず、早めの対処が求められます。

こけ・カビ

こけ・カビは外壁が水分を吸収しやすい状態になっていると発生しやすくなります。

こけ・カビは都会では少なく田舎など自然が多い場所で発生しやすい植物です。

日当たりがそれほど良くなく湿気が良くない環境で発生します。

外壁が劣化していると、外壁に雨水が流れず水が止まりやすくなるため、こけが発生しやすい環境になります。

外壁劣化を放置するとどうなる?

「外壁劣化を放置していても問題は起きないのでは?」

そう考えていませんか?

残念ながらそれは間違い。

外壁劣化を放置しておくということは、徐々に雨水が中に入りやすくなっているということでもあります。

そのため、外壁劣化を放置しておくと、徐々に外壁の内部に雨水が浸入し、雨漏れを引き起こしてしまいます。
そんな雨漏れを放置しておくと、今度は躯体にダメージを与えてしまい、建物自体の耐久性が損なわれてしまいかねません。

外壁劣化は放置しておくと、徐々にではありますが、劣化が進み、最終的には建物へのダメージに発展します。

そうなる前に、無理のないタイミングで外壁塗装を行うことが、その家を長持ちさせるためのポイントになります。

外壁劣化のサインが出始めたら外壁塗装を検討しよう

今回は外壁劣化のサインについて具体的に解説しました。

外壁塗装の劣化は初心者の人では難しいのではと思われがちですが、実際にはシンプルで難しくありません。

劣化のサインを見つけることで、塗装をするべきタイミングを見極めやすくなり、建物を長持ちさせることにもつながります。

まずは外壁に手を触れてみてチョーキングが見られるかどうか確認してみてはいかがでしょうか。
もしチョーキングが確認できたなら外壁塗装を検討してみてください。