本文へスキップ

大阪の外壁塗装 株式会社のぞみリフォーム 見積り無料!

TEL. 0120-1616-70

〒547-0043 大阪市平野区平野東4-4-12 7F

外壁塗装で使われる塗料の種類と特徴とは?HEADLINE

「外壁塗料の種類はたくさんあってどう違うのかわからない!」

そうお悩みの方は多いのではないでしょうか。

ウレタン・シリコン・アクリル・フッ素など塗料の素材にはたくさんあります。

普段塗装に関わらない人にとってどう違うのかわからないのも無理はありません。
ただ、これらの塗料は耐久性やコストパフォーマンスが大きく異なります。

そこで今回は、外壁で使える塗料の種類や特徴について詳しく見ていきましょう。

外壁塗料で使われる塗料の種類

外壁塗装で使われる塗料は大まかに以下のものがあります。

・アクリル
・ウレタン
・シリコン
・フッ素
・ガイナ

耐久性で見ると、上から順にアクリルが最も耐久性が低く、フッ素塗料かガイナが耐久性が高いと言える塗料です。

ではそれぞれの塗料の特徴をもう少し詳しく見ていきましょう。

アクリル塗料の特徴

アクリル塗料は塗料の中でも最も安い塗料ですが、現在ではほとんど使われていません。
というのも、紫外線に弱く耐久性が十分ではないため。

発色がよく一部の人に好まれる塗料ですが、5年から8年で塗料としての限界がくるため、すぐに再塗装の
必要があります。

再塗装の度に足場を組み立てる代金と職人の手間代がかかるため、総合的に見るとコスパが悪く
おすすめできる塗料とは言えません。

ウレタン塗料の特徴

ウレタン塗料は8年から10年程度の耐久性がある塗料でかつて一般的に使われていた塗料です。
ただし、ウレタン塗料以上に耐久性があるシリコン塗料が登場したことであまり使われなくなっています。

ただし、全く使われないかと言えばそうではありません。
直接日が当たらず劣化しにくい軒天や、劣化しても建物全体に影響を与えない樋などの部分で使われることも
あります。

塗料としてはシリコン塗料よりも安いため、少しでも外壁工事の工事費用を減らしたい人には部分的な
利用法がおすすめです。
ただしウレタン塗料は粘着性があるため、汚れが付着しやすく見た目の劣化が早い点が気になる人も
いるかもしれません。

シリコン塗料の特徴

シリコン塗料は現在多くの場面で主流な塗料です。

10年?13年程度の耐久性があり、コストもフッ素ほどは高くありません。

いわゆる「安くてよい塗料」と言えばこのシリコン塗料をあげる人も多いです。

フッ素塗料の特徴

フッ素塗料は耐久性が高い塗料で最高級塗料の一つです。
耐用年数は15年?20年ほどで、既存の塗料の中で最高級と言える塗料です。

東京スカイツリーにも採用されている、ということからもその耐久性は間違いないものだということが
わかるのではないでしょうか。

ただし、塗料としては弾性が低く伸び縮みしにくいため、動きが多い建物の場合ひび割れしてしまう可能性も。
外壁材との相性で使えない場合があることは知っておきましょう。

ガイナ塗料の特徴

ガイナ塗料は、断熱性能を持っている他にはない塗料です。
中に含まれている細かなセラミックビーズが太陽の熱を中まで伝えないように防いでくれます。

耐久性もシリコン以上で15年?20年とフッ素塗料と変わらない耐久性を持っています。
現状新しい塗料のため、これまで挙げてきた塗料と比べると施工実績がまだ十分ではない点が気になる人も
多いかもしれませんが、今後人気が出てくる塗料だと考えてよいでしょう。

塗料の種類は耐久性で考えるとよい!

今回は塗料の種類にはどんなものがあるのか、その種類を簡単に紹介しました。

一見すると、難しく見える塗料の種類も耐久性という観点で見ると大きく違うのがお分かりいただけるのでは
ないでしょうか。

外壁塗装の塗料でもしお悩みでしたら、こちらをぜひ参考にしてみてください。

tosoutaimingu.htmlへのリンク