本文へスキップ

大阪の外壁塗装 株式会社のぞみリフォーム 見積り無料!

TEL. 0120-1616-70

〒547-0043 大阪市平野区平野東4-4-12 7F

屋根塗装必要性HEADLINE

屋根の塗装って必要?

「屋根塗装は高いからしないで済ませたい」
「屋根塗装をしないで放置しても問題ないのでは?」
そうお悩みではありませんか?

屋根塗装は決して安いものではないため、できるだけせずに済ませたいというのが本音だとは思います。

ただし、その家に30年以上長く住み続けたいのであれば、屋根塗装はやはり欠かせません。

とはいえ、どうして屋根塗装が必要なのかピンとこない人もいますよね。

そこでこの記事では、屋根塗装をしないとどうなるのか、しないで済ませる方法はあるのかについて説明します。

屋根塗装をしないとどうなる

屋根塗装をしないと屋根材がどうなっていくのか、よくわからない人も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、屋根塗装をしないとどうなるのかについて説明します。

具体的には以下の症状が見られるようになります。

・屋根材の劣化が進み、雨漏れの原因になる
・大掛かりな補修工事が必要になる
・雨漏れが発生する

ではそれぞれの詳しい内容を解説します。

屋根材の劣化が進み雨漏れの原因になる

屋根材を塗装せずに放置すると、屋根材の劣化が進みます。

屋根材は、塗料によって、雨水がその建材や住宅の内部に侵入するのを防いでくれる役割があるのですが、日差しや雨風によって徐々にその機能が失われていきます。

さらに放置すると、住宅の中に雨が侵入し雨漏れに発展します。
雨は住宅にとっての天敵とも言える存在で、躯体にダメージを与えます。

その結果、住宅としての耐用年数が下がってしまうのです。

大掛かりな補修工事が必要になる

屋根塗装を行わないと、大掛かりな補修工事が必要になります。

なぜなら、塗装をせずに放置しておくと、屋根材の劣化が進み、塗装では対応しきれなくなるからです。

塗装では対処しきれなくなった場合、葺き替え工事が必要になり、その工事費用は塗装工事とは比べものになりません。

もしあなたがその住宅に20年30年と住み続けたいのであれば、塗装せずに放置することはデメリットでしかないと言えるでしょう。

屋根塗装をしないで良い場合

それほど多くありませんが、屋根塗装をしたくないという場合にしないでも良い場合もあります。

具体的には以下のケースが挙げられます。

・20年、30年程度で住めなくなっても問題がない場合
・屋根材が日本瓦の場合

ではそれぞれのケースについて具体的に見ていきましょう。

20年、30年程度で住めなくなっても問題がない場合

屋根材を塗装せずに放置しておくと、20年30年程度で屋根材が限界を迎えるか、雨漏れが発生します。

この雨漏れは本来放置しておくのは厳禁なのですが、そのようなトラブルが起きても良いという場合には、塗装しないことが選択肢になるでしょう。

考えられるのは以下のような場合です。

・建て替えを検討している場合
・その家を手放す予定の場合

以上の場合には、無理に塗装をしてコストをかけるよりも放置していた方が良いかもしれません。

屋根材が日本瓦の場合

屋根材が日本瓦の場合には塗装が不要です。

日本瓦は、粘土を焼いて釉薬で上塗りして仕上げているため、塗装をしなくても防水機能に問題はありません。
ただし、「メンテナンスをしなくても良いか」と言われるとそうではなく、瓦と瓦の隙間を塞ぐ漆喰が劣化するケースはあるため、補修が必要になる場合があります。

また瓦でもセメント瓦と呼ばれる瓦などの場合には材質が異なるため、塗装が必要になる点にも注意しましょう。

いずれにせよ、「長く住み続けたい」という場合には、屋根のメンテナンスは避けて通れません。

屋根塗装は長く住み続けるなら、欠かせない工事

今回は屋根塗装をしないでおくことのデメリットや、屋根塗装をしないで良い場合とはどんな場合なのかということについて説明しました。

これで屋根塗装は住宅に長く住み続けるには欠かせない工事であることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

もし30年以上住み続けたいという場合には、屋根塗装に必要な工事費用を少しずつで良いので積み立てることから始めてみましょう。