本文へスキップ

大阪の外壁塗装 株式会社のぞみリフォーム 見積り無料!

TEL. 0120-1616-70

〒547-0043 大阪市平野区平野東4-4-12 7F

屋根塗装不要?HEADLINE

塗装の要らない屋根とは?

屋根塗装が不要な屋根もある? 「屋根塗装がいらない場合がある」 そんな話を聞いたことはないでしょうか。

確かに屋根材によっては、屋根塗装が必要ないケースもあります。
ただし、本来塗装が必要な屋根を塗装せずに置いておくと、状況はどんどん悪化してしまいます。

とはいえ、どんな屋根であれば、塗装が必要なのか、どんな屋根であれば塗装は必要ないのか、いまひとつピンとこない人がほとんどだと思います。

この記事では、屋根塗装が不要な屋根材と、屋根塗装が必要な屋根材について具体的にお伝えします。

屋根塗装が不要な屋根

屋根塗装が不要な屋根と言うと、例えば、以下のものが挙げられます。

・瓦
・天然スレート

これらのものの特徴について、詳しく見ていきましょう。

粘土瓦

粘土瓦は、日本で昔ながらに使われている屋根材で、かなり高い耐久力を持っています。

そもそも塗装の必要がなく、塗装無しで、50年から100年持つとも言われる耐久性が魅力です。

このような屋根の場合、メンテナンスは必要ですが、そもそも塗装を必要する必要はありません。

ただし、見た目が瓦でも、セメント瓦の場合塗装が必要な場合があります。

セメント瓦は見た目は瓦にとてもよく似ていますが、材質がセメントのため、塗装をしなければ十分な耐久性が確保できません。
このセメント瓦と瓦を判別するのは、やや難しいため、不安な場合には屋根塗装業者に一度確認すると良いでしょう。

天然スレート

天然スレートの場合も塗装は不要です。

天然スレートとは、天然の石などで作られたスレート屋根のこと。

この場合にも塗装は不要です。
ただし、天然スレートは高価なため、通常の住宅で使われることはかなり稀です。
分譲住宅などで使われるスレートは、コロニアルと呼ばれる人口のスレート屋根だと考えてよいため、あまりきにする必要はありません。

屋根塗装が必要な屋根

屋根塗装が必要な屋根は以下の屋根があります。

・化粧スレート
・セメント瓦
・トタン屋根
・ガルバリウム鋼板

これらの屋根で塗装を行わないと、劣化が進み雨漏れに発展してしまうことも。

ではそれぞれの詳しい特徴について見ていきましょう。

化粧スレート

化粧スレートは、コロニアル、カラーベストとも呼ばれる屋根材です。

スレート屋根は、10年ほど経過すると、色あせ反りや割れが見られるようになります。

そのような劣化が見られるようになると、劣化が進み、雨水が、屋根の内部に浸入してしまうのです。

スレート屋根自体の耐久性は、30?40年と屋根材の中では短めですが、それでも定期的な塗装は必要だと言えます。

セメント瓦

セメント瓦は、屋根塗装が必要な屋根材です。

日本古来から使われている粘土瓦とは異なり、紫外線や雨の影響を受ける屋根材です。

そのため、塗料で保護する必要があります。

塗膜が劣化することで、セメント瓦に水が浸入し、表面の骨材が劣化してしまいます。

そうなると、少しの衝撃で割れてしまうようになり、十分な耐久性が保てなくなるため、その前段階での塗装が欠かせません。

トタン屋根

トタン屋根は、塗装が欠かせない屋根です。

サビによって劣化しやすく、その状態を放置すると、穴が空いてしまい下地の腐食や雨漏れを誘発させてしまいます。
定期的な塗装が必要で、現状ではよりよい屋根材も多く販売されているため、そちらへの吹き替えも選択肢になります。

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板は、劣化や傷が入ってしまっている場合にのみ塗装が必要になります。

ガルバリウム鋼板自体には傷が入らない限り特別なメンテナンスが不要ですが、それは表面の保護成分が機能していればの話になります。

中の鋼板部分に雨が触れると錆びますし、劣化が進んでしまいます。

そのような場合には、傷が大きくなる前に塗装で保護するか、葺きかえるかなどの対応が必要になります。

ただし、ガルバリウム鋼板への塗装は、特殊な技術が必要なため、ある程度実績がある塗装業者に塗装を依頼しましょう。

屋根塗装をしないとどうなる

屋根塗装をしないと屋根材がどうなっていくのか、よくわからない人も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、屋根塗装をしないとどうなるのかについて説明します。
具体的には以下の症状が見られるようになります。

・屋根材の劣化が進み、雨漏れの原因になる
・大掛かりな補修工事が必要になる

ではそれぞれのトラブルについて詳しく見ていきましょう。

屋根材の劣化が進み雨漏れの原因になる

屋根材を塗装せずに放置すると、屋根材の劣化が進んでしまいます。

屋根材は、塗料によって、雨水がその建材や住宅の内部に侵入するのを防いでくれる役割があるのですが、日差しや雨風によって徐々にその機能が失われていきます。

さらに放置すると、住宅の中に雨が侵入し雨漏れに発展します。

雨は住宅にとっての天敵とも言える存在で、躯体にダメージを与えます。

その結果、住宅としての耐用年数が下がってしまうのです。

大掛かりな補修工事が必要になる

屋根塗装を行わないと、大掛かりな補修工事が必要になります。

なぜなら、塗装をせずに放置しておくと、屋根材の劣化が進み、塗装では対応しきれなくなるからです。

塗装では対処しきれなくなった場合、葺き替え工事が必要になり、その工事費用は塗装工事とは比べものになりません。

もしあなたがその住宅に20年30年と住み続けたいのであれば、塗装せずに放置することはデメリットでしかないと言えるでしょう。

屋根塗装は雨漏れを防ぐために欠かせない工事

この記事では屋根塗装が不要な屋根材とそうではない屋根材について解説しました。
屋根塗装が不要な屋根は、粘土瓦などごく一部しかなく、原則として塗装が必要な屋根がほとんどです。

そのため、屋根塗装はしないでよいという考えは、あまり推奨できません。

屋根塗装が必要かどうか不安な方は、まず屋根塗装業者に現状の屋根の状態を見てもらい、その状況を判断してもらうことから始めましょう。