外壁塗装の基礎知識!アクリル塗料のメリットとデメリットを解説

お役たち情報

外壁塗装の塗料にはいくつかの種類があります。

そのなかで最もグレードが低い位置づけにあるのが「アクリル塗料」ですが、おもにどのような特徴があるでしょうか?

今回は「アクリル塗料」のメリットとデメリットについて解説したいと思います。

アクリル塗料とは?

アクリル塗料は、主要成分にアクリル樹脂を含む塗料のことをいいます。

他の塗料と比較すると性能面で劣ることから、外壁塗装の塗料としての需要はほとんどありません。

とはいえ、使い勝手がよいこともあって用途によってはニーズの多い塗料でもあります。

アクリル塗料のメリットとデメリットとは?

ここからはアクリル塗料のメリットとデメリットについて解説いたします。

アクリル塗料のメリット

アクリル塗料のメリットは以下の通りです。

  • 費用が安い
  • カラーが豊富
  • アマチュアでも扱いやすい

アクリル塗料は、他の塗料と比較しても材料費が安いことが大きな特徴で、とにかくコストを抑えて塗装したい場合には最も適した塗料です。

またカラーバリエーションが豊富で、多くの種類のなかから好みの色を選べます。

そしてプロでなくても美しいツヤを出せることから、DIYでも手軽に扱いやすい塗料といえるでしょう。

アクリル塗料のデメリット

アクリル塗料のデメリットは以下の通りです。

  • 耐久性が低い
  • ひび割れしやすい

アクリル塗料は、耐久性が低く劣化しやすいことも特徴です。

耐久年数は5~7年と他の塗料と比較しても非常に短いことから、外壁塗装には向かないとされています。

材料費が安くても耐久性が低いとメンテナンス周期が短くなるため、コストパフォーマンスに期待することは難しいでしょう。

また塗装後は、塗膜が固くひび割れしやすい点でも注意が必要です。

まとめ

アクリル塗料は、材料費は安いですが劣化が早いため外壁塗装に採用されることはほとんどありません。

しかしその安さと扱いやすさは魅力でもあり、使い方によっては非常に便利です。

活用するなら5~7年以内に取り壊す予定がある建物や、紫外線の影響が少ない内部で使用するものなどへの塗装がよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました