夏の暑さが外壁や屋根の塗装を劣化させるって本当?

外壁塗装

暑い夏の太陽光は、外壁や屋根の塗装に重大なダメージを与えます。

外壁や屋根の塗装がダメージを受けると、徐々に劣化が進行し塗膜が浮いたり剥がれたりするなど建物を守る機能は損なわれてしまいます。

建物を守る機能が損なわれるということは、つまり建物寿命を縮める原因になるということです。

建物のあらゆる部位で経年による劣化は避けられませんが、とくに外壁や屋根などは過酷な環境にあることから夏の暑さには注意が必要になるでしょう。

今回の記事では、夏の太陽光が外壁や屋根の塗装に与えるダメージについて、そのメカニズムと対策を解説したいと思います。

<夏の太陽光が外壁や屋根を傷めるメカニズムとは>

太陽光は建物の外壁や屋根に到達すると重大なダメージを与えることがあります。

ダメージを与える原因になっているのは、おもに太陽光の「熱」と「紫外線」です。

これら2つの原因が外壁や屋根にダメージを与え、劣化を促します。

それでは、これらがどのようにダメージを与えるのか、そのメカニズムについて解説したいと思います。

・熱

まずは熱についてです。

外壁や屋根に使用される塗料はおもに有機化合物で構成されています。

有機化合物は、熱が加わることで分子の結合は不安定化し分解反応が起こってしまいます。

温度が高いほど分子の動きは活発になり、継続的な分子運動に耐えきれなくなると化学結合が切断されるなど劣化現象が起こりやすくなるのです。

・紫外線

続いて紫外線についてです。

有機化合物が太陽光線に含まれる紫外線を吸収すると、結合している分子を切断させるエネルギーが活性化し劣化を加速させます。

少し難しいですが、熱や紫外線が外壁や屋根の塗料に作用すると、化学構造が大きく変化し変色やひび割れなどの劣化が進行します。

例えば、有機化合物であるタイヤを外部に放置していると、熱や紫外線の影響を受け劣化します。

劣化が進行したタイヤはひび割れなどの症状が現れますが、そのタイヤを装着して自動車を走らせるとバーストしやすくなるなど非常に危険です。

同様に外壁や屋根の塗料も、熱や紫外線によって劣化が進行すると、徐々に本来の機能が損なわれてしまい建物にとっては危険な状態といえるでしょう。

<夏の太陽光から外壁や屋根を守る対策とは>

夏の太陽光から外壁や屋根を守るには、熱や紫外線などの影響を受けにくい塗料を使って塗装すると効果を発揮します。

例えば「ラジカル塗料」や「遮熱塗料」などです。

「ラジカル塗料」は、紫外線が塗料の成分に作用することで起こる、ラジカル(劣化因子)の発生を抑える効果があります。

ラジカルを抑制することで、劣化しにくい塗膜の形成が可能になります。

そして「遮熱塗料」は、太陽光の反射率を高め、表面温度の上昇を抑えられる塗料です。

太陽光は外壁や屋根に到達すると熱の一部は反射しますが、その他は吸収、透過して建物の温度を上昇させます。

「遮熱塗料」は反射率を高めることで温度上昇を抑え、熱による劣化を抑えることが可能になります。

<まとめ>

夏の暑さは外壁や屋根の塗装を劣化させる原因のひとつです。

建物寿命を守るには適正なメンテナンスが重要な要素になりますが、機能の充実した塗料を使用することも大きな効果が期待できます。

そろそろ外壁や屋根のメンテナンスを検討しているなら、「ラジカル塗料」や「遮熱塗料」なども候補に入れてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました