雨の日の外壁塗装、屋根塗装について

雨の日の外壁塗装 お役たち情報

「屋根塗装の時に雨が降ったらどうしたらいい?」

そう気になっているのではないでしょうか。

原則として、外壁塗装の工事中には塗装を行うことはできません。

ここでは、屋根塗装の時に雨が降った場合どうなるのか、どう対応するべきなのか、具体的にお伝えします。

雨が降ったときの塗装はNG

雨が降ったとき、原則として塗装をすることはNGです。

というのも、以下2つの理由があるからです。

・塗料の耐久性が下がる

・塗料の仕上がりが悪くなる

ではそれぞれの理由を具体的に解説します。

塗料の耐久性が下がる

雨が降ったときに屋根塗装をした場合、塗料の耐久性が下がってしまいます。

塗料が流れて塗料の厚みが変わってしまい、必要な耐久性が確保できない、または、ひび割れや剥離が起こる可能性も。

いずれの場合でも、塗料の持つ本来の性能が発揮できませんので、このような事態は回避するべきだと言えるでしょう。

塗料の仕上がりが悪くなる

屋根塗装の途中で雨が降ると、雨の後がついてしまい、見た目に悪影響を与えることがあります。

ある程度乾燥した状態であれば、品質には影響がない場合もありますが、そのような汚れは当然気になるもの。

そのため、雨の日の屋根塗装は基本的にできません。

雨の日でもできる作業はある

「雨の日に塗装はできない」

そう言いましたが、ごく一部雨の日でも作業できる場合があります。

それは以下の工程が関係する場合です。

・足場の施工

・高圧洗浄

・足場の解体

これらの工程では雨が塗装の仕上がりに影響を与えることはありませんので、塗装業者によっては、その趣旨を伝えた上で作業を行うこともあります。

とは言え、これらの工事は最初と最後の方にしか関係しないため、塗装工事が本格的に始まれば雨の日の工事はできないと考えて問題ありません。

もし、雨の日で工事をしたいと言われたら、どんな工事を行うのか確認すると安心できますよ。

急な雨が降った場合にはどうなる

塗装業者にとって雨は天敵のため最大限に警戒をしているものですが、それでも雨に降られてしまうケースはあります。

そのような場合には、以下のような対応がとられます。

・ある程度乾いている状態であれば、影響はない

・雨が降ったときにはその再塗装を入念にお願いする

・工事費用には基本的に影響がない

ではそれぞれについて具体的に解説します。

ある程度乾いている状態であれば、影響はない

雨が作業後に降った場合、ある程度乾いてさえいれば、工事の品質に影響はありません。

大まかな基準で言えば晴れた日で2〜3時間経過しているようであれば、塗装への影響はほぼないと言えます。

季節や天候によってはそうではないケースもありますが、その場合には塗装業者に屋根の状態をよく確認してもらいましょう。

雨が降ったときにはその再塗装を入念にお願いする

塗装工事中または、塗装が終了した直後に雨が降った場合、塗料が流されてしまっている可能性があります。

そのような場合には、塗装が本来の性能を発揮しないため、その部分の再塗装をお願いしましょう。

工事費用には基本的に影響がない

「雨の場合工事費用はどうなる?」

ということが気になる人もいますよね。

基本的に工事が雨になっても追加費用が発生することはありません。

というのも、ほとんどの場合、ある程度雨が降る前提で工程を組みますし、その上で見積もりを出しています。

そのため、特に雨が降ることで工事自体の延期はありえるものの、追加費用がかかることはないかと思いますので、気にする必要はありません。

雨の日に工事はしないが鉄則

今回は雨が降った場合、屋根の塗装工事ではどう対応するべきなのかについてお伝えしました。

屋根塗装の工事中一部雨の日でもできることがありますが、塗装工事中は原則として雨が降った場合作業はできません。

この記事で雨が降った場合に、塗装業者がどう対応するべきなのか、そのイメージがつかめたのではないでしょうか。

良心的な業者であれば、雨の日に工事はしませんし、問題ない工事でもお客様への説明は必ず説明するはずですが、もしものときには毅然とした態度で対応しましょう。

タイトルとURLをコピーしました