屋根塗装で大切な縁切りとは?

屋根塗装平野区 屋根塗装

「屋根塗装で縁切りって聞くけれど、本当に必要なの?」

「屋根塗装で縁切りはどうして大切なの?」

そう疑問ではないでしょうか。

屋根塗装の品質を確保するために、とても大切な作業が縁切りです。

この作業を怠ることで、雨漏れの原因になることもあります。

とはいえ、屋根工事に関わらない人からしたら、どんな作業なのかピンとこない人も多いですよね。

そこでこの記事では、屋根塗装における縁切りとは何か、その果たす役割について解説します。

縁切りとは

屋根塗装で言う縁切りとは、スレート屋根にて、屋根材と屋根材の間の隙間を意図的に開けて、空気の通り道を作る作業のことです。

「空気の通り道を作るなんて本当に大丈夫なの?」

そう不安になる方もいるかもしれません。

しかし、縁切りをしていないことで、雨水の逃げ道がなくなり、雨漏れに発展してしまう可能性が高いです。

強い雨風があった場合、屋根材と屋根材の間に雨水が浸入してしまうケースがあります。

または外と中の温度差によって、屋根材の裏に水分が発生してしまう可能性もあります。

そんな時に、雨水の逃げ道が確保されていないと、雨水が、屋根の内部に残り、屋根の腐食を招いてしまう可能性が。

以上の点から、縁切りは、屋根塗装の品質を確保するためにとても大切な工事なんですよ。

縁切りをする方法は?

「縁切りはどうやって作業するの?」

と言う人も中にはいるかと思います。

大まかに縁切りを行う方法としては以下のものがあります。

・カッターなどで塗料に切り込みを入れる

・タスペーサーを使う

ではそれぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

カッターなどで塗料に切り込みを入れる

屋根塗装で縁切りを行う方法の一つがカッターで切り込みを入れる方法です。

屋根材と屋根材の間にカッターを入れ込んでいきます。

このとき、上塗りで仕上がった状態でないと作業ができないため、必然的に仕上がった屋根を歩かなければ行けなくなります。

そのため、仕上がりを汚してしまう可能性がある点や、作業の手間の大きさから現在ではあまり行われません。

ただし、条件によってはこの方法で行われるケースもあります。

タスペーサーを使う

縁切りのもう一つの方法がタスペーサーを使う方法です。

タスペーサーは小さな金具で、屋根材と屋根材の間に差し込むことで、隙間を作り出せます。

この方法を採用することで、屋根塗装における縁切り作業の効率が大幅に上昇し、作業負担が軽くなりました。

現在では、こちらの方法がとられることが一般的です。

縁切りはなぜ問題になるの?

縁切りが問題になりやすい理由としては、屋根塗装にとって重要性が高いにも関わらず、見た目の影響が小さいからです。

そうした点から、縁切り作業をわざと行わない業者が昔は残念ながら、存在していました。

また昔の方法であるカッターで切れ込みを入れる方法は、屋根を傷つけるリスクがあり、そうした危険を嫌ったと言う場合もあります。

いずれにせよ、屋根塗装の上で、重要性が高い工事なことは間違いありません。

お客様の屋根がスレート屋根であるならば、その工事方法をよく確認しておくと、安心できますよ。

縁切りは屋根工事でとても大切な工事

今回は屋根工事における縁切り工事の重要性について詳しくお伝えしました。

縁切りは、目立たない作業ではありますが、重要性がとても高い工事です。

そのため、より安心できる塗装業者を探したいのであれば、知って損はない知識です。

もし塗装業者に不安があれば、この縁切りについてどう対処するのか、詳しく説明を求めることがおすすめですよ。

タイトルとURLをコピーしました