外壁塗装工事中の生活に注意点ってどんなの?

外壁塗装

住宅の外壁塗装工事は、工期が数週間に及ぶこともあります。
そこで問題になるのが「塗装工事中の生活はどうなるか」という点です。通常の生活と違う点はあるのでしょうか。
ここでは塗装工事の生活の注意点について紹介したいと思います。

外出はどうするか

工事中の外出は特に問題はありませんが、家には足場が組んであったり、カバーが掛けられていて見通しが悪くなっています。そのため、窃盗犯の不正侵入のリスクが高まりますので、窓などは確実に施錠することが必要です。
また、礼儀としてですが、職人さんには出かける際に声を掛ける様にしましょう。

窓を開けられるか?

塗装工事の期間中は、窓の開放はあまりおすすめ出来ません。
確かに工事の方法によっては塗料が室内に入らない処置を取ることも可能でしょう。しかしニオイの問題は解決が難しいです。室内に塗料のニオイが入り込むことを避けるためにも、窓は閉める様にしましょう。

エアコンの使用

工事期間中はエアコン室外機に養生をしたり、カバー等で覆ったりします。そのため、一時的にエアコンの使用に制限が出る場合があります。

給湯器の使用

給湯器も養生をします。養生中は稼働させることは出来ません。
給湯器からは一酸化炭素を含んだ排気ガスが出ます。養生中に給湯器を動かすと一酸化炭素が室内に流入する可能性もあるので危険なのです。

洗濯物はどうするか

塗装工事は高圧洗浄や塗料の飛散もあるので、洗濯物は基本的には干せません。また、塗料のニオイも洗濯物に付いてしまう危険性があります。
工事の間は室内干しにして、塗料やニオイが付かない様にしましょう。

空き巣対策を忘れずに

前述の通り、塗装工事中は足場やカバーのために窃盗犯の侵入リスクが高まります。そのため、空き巣の侵入に気をつけなければなりません。
空き巣対策としては窓への施錠がありますが、防犯性のアップのために補助錠などを付けて、窓を破られない様にしましょう。

タイトルとURLをコピーしました