外壁塗装の基礎知識!フッ素塗料のメリットとデメリットを解説

塗料について

「フッ素塗料」は外壁塗料に使用する塗料のなかでも、ハイグレードな位置づけにあります。

ハイグレードというだけあって非常に高性能であることには違いありませんが、他の塗料と比較してどのような違いがあるでしょうか?

今回は「フッ素塗料」のメリットとデメリットについて解説したいと思います。

フッ素塗料とは?

フッ素塗料とは、主要成分に蛍石を原料とするフッ素樹脂を含む塗料のことをいいます。

東京スカイツリーや横浜ベイブリッジなどに採用された塗料であることからも、性能への信頼性がうかがえます。

ただし一方では高級塗料ということもあって需要は限定的です。

フッ素塗料のメリットとデメリットとは?

ここからはフッ素塗料のメリットとデメリットについて解説いたします。

フッ素塗料のメリット

  • 耐久性が高い
  • 汚れが付きにくい
  • 光沢が長持ちする

フッ素塗料は、耐久性が高いことが大きな特徴です。

耐久年数は15~20年がおおよその目安ですが、現在最も需要のあるシリコン塗料が10~15年が目安であることと比較しても性能の高さがよくわかります。

またフッ素塗料は、親水性が高く雨などで付着物を浮かせて流すセルフクリーニング機能を持つことから、汚れやカビを抑制します。

美しい外観を長く維持できる点はフッ素塗料の大きな魅力といえるでしょう。

その他にも表面が非常に硬く摩耗しにくいため、本来の光沢が長持ちすることなどがおもな特徴になります。

フッ素塗料のデメリット

  • 費用が高い
  • ひび割れやすい
  • フッ素塗料は高性能ですが材料費も比較的高額になります。

高額とはいっても、耐久性の高さからメンテナンスサイクルは長くなるため、結果的にコストパフォーマンスは十分期待できるでしょう。

また塗膜が硬い特徴から、地震などで下地面が動くとひび割れを起こしやすい点では注意が必要です。

まとめ

外壁塗装は、メンテナンス時には足場を設置する必要があるなど規模が大きくなりがちです。

そのためトータルコストを削減するには、耐久性の高い塗料を採用しメンテナンスの回数を減らすことで効果を発揮します。

フッ素塗料は、材料費が比較的高いですが耐久性は他の塗料よりも非常に優れます。

初期コストは高くなっても長期的な視点からトータルコストを下げたいという人には、フッ素塗料が適しているでしょう。

タイトルとURLをコピーしました