外壁塗装にカラーシミュレーションが効果的な理由と注意点を解説

お役たち情報

外壁の塗り替えをするとき、事前に完成後のイメージをチェックするために有効なツールとして「カラーシミュレーション」があります。

「カラーシミュレーション」は、実際の建物の写真を使い、専用の編集ソフトで色を付けて再現するものです。

今回は外壁塗装を検討するとき「カラーシミュレーション」が効果的な理由と、注意しておきたいことも併せてご紹介したいと思います。

外壁塗装でカラーシミュレーションが効果的な理由とは?

カラーシミュレーションは、専用の編集ソフトを使い簡単な手順で完成後のイメージを作成できます。

いくつかのパターンをチェックできるため、イメージチェンジをしたいときでも色の選択がスムーズに行えます。

また完成したイメージを依頼者と塗装業者の間で事前に共有できる点でも効果的です。

カラーシミュレーションをもとに仕上がりを予想できることで、完成後にイメージと違うということはきわめて少なくなるでしょう。

さらに外壁だけでなく屋根や雨どいなどの細かな色の設定をしたり、さらには電柱や電線などを除去して作成したりすることも可能です。

実際の写真を使って加工するため、周辺とのバランスを考慮した色の決定ができることもカラーシミュレーションの魅力といえるでしょう。

カラーシミュレーションの注意点について

カラーシミュレーションを作成し、実際に塗り替え工事を実施するにあたって注意しておきたい点がいくつかあります。

カラーシミュレーションのおもな注意点とは以下の通りです。

カラーシミュレーション通りに再現できるとは限らない

カラーシミュレーションで表現した色を完全に再現できない場合があります。

というのも色の見え方は環境によって変わるためです。

例えば、光の当たり方やプリンターの性能などですが、これら条件の違いで実際の塗装と少し違った感覚が生じてしまうかもしれません。

もし完全なイメージを知りたい場合は、同じ色の塗料で塗った建物を実際に見て確認するとよいでしょう。

塗料の性能も考慮する

外壁塗装は色だけでなく、塗料の性能を考慮して決定することが重要です。

外壁塗装は建物を太陽光や風雨から建物を守る役割を担っていますが、経年とともに必ず劣化してしまいます。

しかし塗料の性能が高いほど機能を長く発揮できるため、メンテナンスサイクルにも余裕が生じます。

つまり、メンテナンスコストを抑えることができるということです。

色も重要ですが、性能面についても十分に検討して決定するようにしましょう。

まとめ

外壁の色は建物のイメージを大きく左右します。

そのため、完成して後悔することがないよう慎重に決定したいものです。

外壁塗装の色決めで迷っているならカラーシミュレーションをして、いくつかのパターンを試してみるとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました