屋根工事や外壁工事で足場が必ず必要な理由とは!

外壁塗装

屋根や外壁の塗装工事など、足場を設置して施工することが一般的です。

しかし足場の設置はコストの増加を伴います。

では、コストを下げるためにも、足場ではなく梯子や脚立で施工することは可能でしょうか?

結論として、屋根工事や外壁工事には必ず足場が必要です。

今回は、屋根工事外壁工事でなぜ足場の設置が必要なのか、その理由についてご紹介したいと思います。

屋根工事や外壁工事で足場が必要な3つの理由とは

屋根工事や外壁工事で足場が必要な理由とは、おもに以下の3つです。

  • 安全確保
  • 品質確保
  • 近隣配慮

安全確保

まずは、作業員の安全確保です。

そもそも2m以上高所作業を行う場合には、足場を設置することが「労働安全衛生法」によって定められています。

低層住宅の建築現場において、最も多い事故は「転墜落」によるものです。

この「転墜落」事故をいかに減らすかが課題となっており、足場を適切に設置し作業環境を整えることが重要なポイントになっています。

安全対策は工事業者の責任において、必ず実施しなくてはいけません。

もし安全対策を怠って労働災害があった場合、工事業者は民事かあるいは刑事責任まで問われる可能性もあるのです。

品質確保

品質を確保するうえでも足場は必要です。

梯子などで施工すると、手の届く範囲は限られ、下りたり上がったりするなどの作業を繰り返す必要があるため作業効率は圧倒的に低下します。

また足元が不安定な状態で作業すると集中力も低下し、塗りムラや塗り漏れなど施工不良が発生することにもなるでしょう。

施工不良が発生すると、早い段階で手直し工事が必要になる可能性もあるため、大きなムダにつながります。

近隣配慮

足場は近隣に配慮するうえでも欠かせません。

屋根塗装や外壁塗装の一般的な流れは、高圧洗浄をして塗装工事に移行します。

これら一連の工事では、水や塗料などが近隣に飛散して車を汚すなど迷惑をかけてしまう可能性があります。

そこで効果的な対策となるのが、足場を設置して飛散防止ネットを張ることです。

工事後も付き合いが続く近隣との余計なトラブルを防ぐためにも、足場と飛散防止ネットは必要な措置といえるでしょう。

まとめ

屋根や外壁の塗装工事では足場の設置が必要です。

また建物の寿命を守るためにもメンテナンスを怠ることはできません。

足場の設置にはコストがかかりますが、できるだけムダを省くことも重要になります。

例えば、塗料の耐久性を高めること、そして屋根と外壁のメンテナンスのタイミングを揃えるよう考慮することなどです。

足場が必要な工事のメンテナンスをしっかり管理することで、ムダを省き、そして資産価値を維持することにもつながるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました