人気のガルバリウム鋼板のメンテナンス方法をご紹介!

塗料について

屋根や金属サイディングなどで使われる「ガルバリウム鋼板」は、その性能の高さから非常に人気の素材です。

一部の声として「ガルバリウム鋼板」はメンテナンスの必要がないとする性能への期待もありますが、けしてそのようなことはありません。

「ガルバリウム鋼板」もいずれ必ず劣化するため、適切なメンテナンスが必要です。

今回は「ガルバリウム鋼板」を長持ちさせるメンテナンス方法についてご紹介したいと思います。

ガルバリウム鋼板とは?

そもそもガルバリウム鋼板とはどのような素材なのか簡単にご紹介いたします。

ガルバリウム鋼板とは、アルミ亜鉛合金メッキで覆った鋼板のことです。

アルミの長期耐久性と耐熱性に亜鉛の特徴である犠牲防食作用が加わることで、従来の鋼板よりも性能向上を実現しています。

その他のおもな特徴としては、錆びにくく耐久性に優れることや、軽量で建物の耐震化に有利になることなどが挙げられます。

ガルバリウム鋼板も錆びる!

ガルバリウム鋼板は錆びにくい素材ですが、けして錆びないわけではありません。

とくに、物理的な衝撃によってへこみやキズを付けてしまった場合などは、そこから錆びてしまうことがあります。

このときの錆びは、おもに「赤錆び」です。

「赤錆び」は非常に進行が早く、いったん発生するとどんどん範囲を広げながらボロボロになってしまいます。

また雨などで湿気が残り乾燥しにくい環境にある箇所には、白い斑点のような錆びが現れることがあります。

このときの錆びは「白錆び」です。

「白錆び」は、ガルバリウム鋼板のメッキ部分に含まれている亜鉛が酸化して起こる症状で、深刻な劣化とはいえないものの美観を損ねる原因になります。

そしてガルバリウム鋼板は、電位の異なる金属が接触することで腐食する「電蝕」にも十分な注意が必要です。

ガルバリウム鋼板を長持ちさせるメンテナンス方法とは?

ガルバリウム鋼板を使った屋根や外壁は、適切なメンテナンスをすると長く機能を維持することが可能になります。

ガルバリウム鋼板を長持ちさせる2つのメンテナンス方法についてご紹介したいと思います。

水洗い

ガルバリウム鋼板は、ホースを使って汚れなどを洗い流すだけで効果的に劣化を抑えられます。

とくに湿気が残って乾燥しにくい軒下などは、水洗いすると白錆びの発生を防ぎます。

ただし、表面塗装を傷つける可能性がある高圧洗浄やブラシ洗浄などは避けなければいけません。

1年に1~2回程度を目安に水洗いをするだけで、十分な効果が得られます。

また水洗いのときには、へこみやキズなどはないか全体的にチェックしておくとよいでしょう。

表面塗装

ガルバリウム鋼板の表面塗装の寿命は15~20年程度といわれています。

塗膜の防水機能を損ねる前に適切なタイミングで塗装するようにしましょう。

また、へこみやキズなどから赤錆びが発生しているようなら、範囲が拡大しないよう早期に補修のうえ塗装することが重要です。

まとめ

ガルバリウム鋼板は錆びにくく耐久性に優れますが、メンテナンスは必要です。

またシーリングを充填している部分については、ガルバリウム鋼板よりも早く劣化してしまう点では注意が必要です。

劣化して剥離や破断があると雨水が侵入するため、定期的に打ち替えないといけません。

ガルバリウム鋼板を含め、建物の外部はさまざまな劣化要因の影響を受け続けるなど非常に厳しい環境にあります。

長く使うためにも必要なメンテナンスをするよう心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました