外壁のひび割れ補修はDIYでもできる?

お役たち情報

住宅の外壁に発生するひび割れから雨水が侵入することがあると、さまざまな悪影響を及ぼすことがあるため適切な処置を講じる必要があります。

しかし、ひび割れの修理を業者に依頼するとコストがかかるため、DIYで済ませたいと思う人もいるのではないでしょうか?

外壁のひび割れ補修はDIYでも可能ですが、危険性が高いものについてはプロの業者に依頼するほうが賢明といえるでしょう。

今回は危険性の高いひび割れとはどのようなものなのか、そしてひび割れ補修をDIYで行う場合の注意点について解説したいと思います。

危険性の高いひび割れとは?

住宅の外壁に発生するひび割れは、以下の通り大きく2つの種類に分けられます。

・ヘアークラック

・構造クラック

ヘアークラックとは髪の毛程度の小さなひび割れのことで、一般的には幅が0.3mm未満のものを指します。

ヘアークラックは、建物の構造に大きな影響を与える可能性は低いとして、基本的に補修しなくても大きな問題はありません。

ただし、時間の経過とともに大きくなる場合もあるため、状況を観察することは必要になります。

一方、構造クラックとは、建物の構造に重大な影響を与えるひび割れのことで、貫通クラックと呼ぶこともあります。

構造クラックは、放置すると建物寿命に影響を与えることもあるため、規模が大きくなる前に適切な補修が必要です。

一般的には、幅が0.3mm以上のひび割れは構造に影響を与える可能性があると判断できます。

以上のことから、0.3mm未満のヘアークラックであればDIYによる補修でも問題ありませんが、0.3mmを超えるようなら専門業者に診断してもらう必要があるといえるでしょう。

外壁のひび割れ補修をするときの注意点について

外壁のひび割れ補修にはいくつかの方法がありますが、大きな流れは以下の通りです。

・ひび割れ部をVカット

・プライマー塗布

・補修材を充填

・仕上げ塗装

補修材については外壁材の種類によっても変わりますが、シーリング材を充填するケースもあります。

シーリングを充填する場合、気を付けなければいけないことがあります。

それは、シリコン系のシーリング材を使用してはいけないということです。

シーリング材にはいくつかの種類があります。

それらのなかでシリコン系のシーリング材は、コストが安く耐候性や耐水性に優れますが、一方で塗装できないという特徴があります。

つまりシリコン系のシーリング材を充填すると、仕上げ塗装ができないということです。

しかも密着性にも優れることから、後から除去しようとしても簡単にできることではありません。

したがって、ひび割れ補修をするときは、シリコン系のシーリング材でなないものを使用することが重要になります。

まとめ

外壁のひび割れは、危険性が低いものと高いものがあります。

危険性が高いひび割れについては、症状が進行すると構造部分に影響を与え建物寿命を脅かす可能性もあるため適切な処置が必要です。

DIYで補修するよりも、プロの業者に診断してもらったうえで状況に応じた補修をすることをおすすめいたします。

タイトルとURLをコピーしました