漆喰塗料でウィルス対策!コロナに効果はある?

塗料について

新型コロナウィルスの世界的な大流行によって、新たな生活スタイルを余儀なくされている家庭も多いのではないでしょうか?

そんななか、暮らしに潜んでいる細菌やウィルスなどとどのように対峙していくのかという点は今後も大きな課題になるでしょう。

近年では、細菌やウィルスの対策として、多くの抗菌、抗ウィルス製品を目にすることも多くなりました。

塗料も同様に抗菌、抗ウィルス機能を付加したものがあり、リフォームするだけで効果が期待できるとして大きな注目を浴びています。

そのなかで今回ご紹介するのは、関西ペイントから販売されている漆喰塗料「アレスシックイ」です。

「アレスシックイ」の特徴や、その効果についてご紹介していきたいと思います。

抗菌・抗ウィルス塗料「アレスシックイ」とは?

「アレスシックイ」は、古くから日本建築に深く関わってきた漆喰の利点を生かした自然素材の塗料になります。

大きく内装用と外部用の2種類があり、抗菌性、抗ウィルス性を発揮するのは内装用です。

「アレスシックイ」の内装用を室内の壁に塗ることで、快適な空間づくりが可能になります。

では新型コロナウィルスに効果はあるのでしょうか?

それは、まだ不活性化が実証されたわけではなく、効果が期待できるといえる段階にはありません。

もちろんワクチンも開発されていない段階だけに、それは当然といえるでしょう。

ただしノロウイルスやインフルエンザウイルスなど多くのウィルスに対しては、不活性化が確認されるなど効果が実証されています。

抗菌・抗ウィルス塗料「アレスシックイ」の特徴について

「アレスシックイ」には、暮らしを快適にするいくつかの特徴があります。

その特徴とは以下の通りです。

・抗菌・抗ウィルス効果

・調湿効果

・消臭効果

抗菌・抗ウィルス効果

「アレスシックイ」の主成分は消石灰です。

消石灰は、水分と接触することで強アルカリ性を示すようになり、壁面に付着したウィルスを不活性化する機能を発揮します。

その他にも、カビ菌やO-157、黄色ブドウ球菌などさまざまな菌の発生を抑えることが可能です。

調湿効果

「アレスシックイ」は非常に微細な孔(あな)を無数に有している多孔質構造であることが大きな特徴です。

この構造によって、湿度が高いときには湿気を吸い込み、逆に湿度が低いときに吐き出すなど、まるで呼吸するかのように適度な湿度調整機能が働きます。

湿気は建物にとっては大敵で、とくに冬の結露などは構造に影響を与え建物寿命を縮めることもあるため対策が必要になります。

つまり、湿度をうまくコントロールすることが、建物の機能を維持するうえでも重要なポイントになるのです。

消臭効果

「アレスシックイ」の多孔質構造により、あらゆる臭い成分を吸着して浄化します。

ペットを飼っている部屋やトイレ、喫煙する家族がいる場合などは、効果的に不快な臭いを消してくれるでしょう。

まとめ

「アレスシックイ」は、新型コロナが大流行した後に大きな注目を浴びることになった抗菌・抗ウィルス塗料です。

このような機能を有する塗料は今後も需要の拡大が予想されます。

ただし、新型コロナウィルスに対する効果が実証されたわけではないため、その点は認識しておきましょう。

また、抗菌・抗ウィルス効果以外にも、さまざまな効果が期待できるという点でも注目です。

快適な空間づくりを検討しているのであれば、「アレスシックイ」によるリフォームも選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました