塗装工事の目的は? 得られる効果とは

お役たち情報

夢のマイホームを購入された方は、いつまでも新築のように綺麗にしておきたいと考える方は多くいらっしゃると思います。その中でも、納得できて満足する塗装工事を実現するために「正しく塗装工事の目的」を理解することが大切です。皆様ひとりひとりが最適な塗装工事を選択できる参考になれば、幸いです。

塗装工事の目的

目的には大きく3つの役割があります

  • 建物を長持ちさせるための「保護」
  • 建物を美しく、おしゃれにする「美観」
  • より良くするための付加価値の「機能」

建物の「保護」の役割とは??

日々、建物が傷んでいるのはご存知ですか?人も紫外線を受けるとシミや日焼けをするように、建物もすこーしずつ長い年月を経て傷みが進みます。
建物の傷みの原因は「紫外線、熱、水」です!この3要素から建物を守るために、塗料を塗ることで長持ちさせることが出来ます!

建物の「美観」の役割とは??

新築のようにピカピカな状態がいつまでも続くことが一番です。しかしながら、建物の傷みと一緒に汚れ(土埃、排気ガスなど)、苔などによって段々付いてしまいます。
塗装工事では、お化粧と同じように汚れを落として、下地を作り、色や模様をつけて新築の用に甦らせるが出来ます!
建物の見た目を良くすることも塗装工事の大切な目的の1つです。

付加価値の「機能」とは??

塗装工事は建物が傷むのを防ぎ、新築のように綺麗に甦らせます。さらに、特殊な塗料を選択することでハイスペックな塗装工事が可能になります。
夏場の室内温度上昇の抑制効果がある「遮熱塗料」、冬場の寒さを和らげる「断熱塗料」
、いつまでも綺麗な状態を保つ「低汚染塗料や光触媒塗料」、建物の割れに強い「弾性塗料」など様々あります。
ただし、全ての機能を兼ね備えた塗料はありませんので、必要な機能を絞ることが重要です。

まとめ

希望する塗装工事をするためには、「塗装工事をすることで、『何が外せないポイント』なのか?」を考えることが大切です。
建物の環境、劣化度合いや症状が全く同じ家は存在しません。そのため人と同じでその人の処方箋が必要なように、建物の「診断(処方箋)」が必要不可欠です。
その上で、希望する塗装工事をどのようにしたら実現できるのか?を見つけながら塗装工事をおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました